映画「苦役列車」運転指導の様子
旭のフォークリフトが撮影に使われました!!
映画「苦役列車」リーチ運転指導の様子
RECRUIT|エントリーはこちら
わくわく通信(社内報)

毎月発行!スタッフ全員で作ってる社内報

フォークリフト豆知識

フォークリフト豆知識(社内報 裏面)

Facebook 旭フォークリフト

最新情報や雪かき王子の在庫を確認できます

メディア掲載

多くのメディアで紹介されています!!

インスタグラム@asahifork

工場の丁寧な整備の様子を載せています

youtube
動画で製品の使い方をチェックできます!
知って得するフォークリフトの豆知識
フォークリフトの豆知識など盛り沢山!!
中古フォークリフト営業マンのラーメン日記
旭の営業マンがオススメのラーメン店を紹介
フォークリフト整備士のスイーツ日記
旭の整備士がオススメのスイーツをご紹介
フォークリフト納車ブログ
フォークリフトの導入事例をご紹介
工場の様子ブログ(ピカピカの秘密大公開)
ピカピカフォークリフトの秘密大公開!
LINEスタンプ 旭フォークリフト
フォークリフトのデザインのスタンプ登場!!



旭フォークリフト株式会社

〒252-0244 
神奈川県相模原市中央区田名2931番4

TEL 042-762-4630
フリーダイヤル:0120-4949-43
FAX  042-762-4635

  • 建荷協神奈川県支部長
  • 全省庁許認可業者
  • 相模原市・災害時防災協力事業所
  • 特定自主検査業者
    (神奈川労働基準局 神第27号)

  • 古物商許可証
    神奈川県公安委員会
    第4527600001277号

年次点検・月次点検・始業点検

特定自主検査(年次点検)

特定自主検査(年次点検)について

フォークリフトは、労働安全衛生法により定期自主検査が義務づけられています。
事業者は、1年を超えない期間ごとに1回、定期に自主検査を行わなければなりません。(第151条の21)
また自主検査を行う際は、厚生労働省令で定める資格を持つ検査者でなければいけません。(第45条)

これは自動車でいうところの車検制度に似ています。
この検査を「特定自主検査」(年次点検整備・定期自主検査) といいます。


旭の特定自主検査(年次点検)の特徴

年次点検を新規でご契約頂いたお客様に限り、サービス品・割引などの特典がつきます。
※お客様のコストダウン・経費削減にご協力させて頂く為に、1円でも高い場合はお知らせ下さい
※当社は法令に基づいて運営しておりますので、法令点検のお値引きは出来かねます。ご了承下さい。

フォークリフト代車サービス

【フォークリフト代車サービス】

点検中に作業がとまる心配がありません。
夜間の作業に便利なLEDライト付きの代車もございます。
※フォークリフト代車の様子はこちらをお読みください。

くまモンのフォークリフトに無料で変身

【くまモンのフォークリフトに無料で変身】

くまモンに変身してお返しします。
可愛いのでフォークリフトを大事に運転し、危険運転防止にもつながります。
※こちらはご希望のお客様のみです。くまモンのフォークリフトの詳細はこちらをお読みください。

フォークリフト代車サービス

【旭のテレフォン・ステッカー】

当社の電話番号入りステッカーを、見やすい場所に貼っておきます。
急な故障や増車も、すぐにお電話できますので、迅速に対応する事ができます。

くまモンのフォークリフトに無料で変身

【修正塗装とスチームクリーニング】

工場まで引上げての検査の場合は、簡易塗装と洗車をさせて頂き、綺麗にしてお返しします。綺麗になった車両が戻ってくるので、大変好評頂いております。こちらは別料金です。


特定自主検査(年次点検整備)の点検内容

1. 原動機の異常の有無圧縮圧力、弁すき間、その他
2. 動力伝達装置の異常の有無デファレンシャル、プロペラシャフト、その他 
3. 走行装置の異常の有無 タイヤ、ホイールベアリング、その他 
4. 操縦装置の異常の有無 かじ取りの車輪の左右の回転角度、ナックル、ロッド、アーム、その他 
5. 制動装置の異常の有無制動能力、ブレーキドラム、ブレーキシュー、その他 
6. 荷役装置の異常の有フォーク、マスト、チェーン、チェーンホイール、その他 
7. 油圧装置の異常の有無 油圧ポンプ、油圧モーター、シリンダー、安全弁、その他 
8. 電気系統の異常の有無 電圧、電流、その他 
9. 車体、ヘッドガード、バックレスト、警報装置、方向指示器、燈火装置、計器の異常の有無 

上記の約40項目以上にわたる検査をしていきます。

ブレーキ・オーバーホール

ブレーキ・オーバーホール

ブレーキの点検(ブレーキに使用している部品の様子)

ブレーキの点検(ブレーキに使用している部品の様子)

リフトチェーンの張り、伸び、腐食、損傷の点検
リフトチェーンの張り・伸び・腐食・損傷の点検 
爪に亀裂がないかの、カラーチェック

爪に亀裂がないかのカラーチェック 

油圧装置の点検(コントロールバルブのリリーフ圧を測定)

油圧装置の点検(コントロールバルブのリリーフ圧を測定) 

エンジンの点検(エンジンシリンダー内の圧縮圧力の測定)

エンジンの点検(エンジンシリンダー内の圧縮圧力の測定)

修正塗装 (こちらは当社オリジナルです)

修正塗装
(こちらは当社オリジナルです)

社名文字ステッカー (こちらは当社オリジナルです)

社名文字ステッカー
(こちらは当社オリジナルです)

いよいよ最終段階です。電気系統、油圧、走行のチェックをしていきます

電気まわりのチェック

電気まわりのチェック

油圧のチェック

油圧のチェック

電気まわりのチェック
走行チェック
油圧のチェック


終了後、以下の点検表に記入します。
検査が終わりましたら、それを証する検査済標章(ステッカー)を貼付します。次回の特定自主検査の実施年月が記載されています。

電気まわりのチェック

特定自主検査記録表

油圧のチェック

検査済標章(ステッカー)


特定自主検査を実施しなかった場合どうなりますか?

実施しない場合、50万円以下の罰金に処せられます。
「特定自主検査(年次点検整備)」は無資格者が行っても実施したことにはなりません。
また場合によっては営業停止になることもあります。
労働基準局の労働安全衛生法により罰せられます。

年次点検(特定自主検査/定期自主検査)のお見積りは無料です。
お客様の経費削減にご協力させて頂くため、1円でも高い場合はお知らせ下さい
全メーカー対応しております。
年次点検を新規でご契約頂いたお客様に限り、サービス品・割引などの特典がつきます。
当社は法令に基づいて運営しておりますので、法令点検のお値引きは出来かねます。ご了承下さい。

年次お見積りキャンペーン


月例点検(月次点検)

事業者は、1月を越えない期間ごとに1回、定期に自主検査を行わなければなりません。(第151条の22)
これを「月例点検(月次点検)」といいます。

月例点検(月次点検)の点検内容

1. 制動装置、クラッチ、及び操縦装置の異常の有無
2. 荷役装置 、及び油圧装置の異常の有無
3. ヘッドガード、及びバックレストの異常の有無

作業終了後、下の点検表に記入いたします。

点検表

始業点検

労働安全衛生法 第151条の25により、事業者はフォークリフトを用いて作業を行う時は、その日の作業を開始する前に下記の項目を用いて点検をしなくてはいけません。
これを「始業点検」といいます。
チェックリスト形式にしましたので、作業現場での安全作業にお役立て下さい。

始業の点検のやり方 

外観点検

□下回り油漏れはないか?
□マスト、チェーン異常はないか?
□バックミラー点検
□タイヤ溝はあるか?
□ホイールナットは締まっているか?
□爪の異常はないか?

外観点検
外観点検

エンジン回り点検

□エンジンオイル量は大丈夫か?汚れはないか?
□ミッションオイル量は大丈夫か?汚れはないか?
□オートマオイル量は大丈夫か?汚れはないか?
□作動油量は大丈夫か?汚れはないか?
□冷却水リザーブタンク量は大丈夫か?
□バッテリー液量は大丈夫か?
□ファンベルトはきちんと張られているか?
□バッテリー車の場合、バッテリーに腐食がないか?液量は大丈夫か? 

エンジン回り点検
エンジン回り点検

作動テスト

□エンジン始動は良好か?
□荷役作動問題はないか?
□ブレーキは効くか?
□ハンドル作動は良好か?
□ライト回り正しく点灯するか?
□異音、異常振動はないか? 

作動テスト
作動テスト


※PDF形式でも「くまモンの始業点検チェックリスト」をダウンロードできます。職場の安全管理にお役立て下さい。

旭フォークリフトの実績

旭フォークリフトの実績

弊社はフォークリフト特定自主検査業者 (神奈川労働基準局 神第27号) として、万全の技術と設備でお客様の大切な車輌を保守し、点検・整備・検査を行っています。

フォークリフトは企業の生産効率と密接な関係があります。
それだけに迅速で安全性の高いサービスが要求されます。
弊社ではサービスを第一の柱として、顧客の信用と信頼の上に成り立っております。
迅速かつ安全なフォークリフトの保守に万全の体制でのぞみ、お客様のニーズに充分お応えできるものと確信しております。

定期的な技術研修

定期的な技術研修

メーカー(ニチユMHIフォークリフト)や安全協会(建設荷役車両安全技術協会)などへ、全サービス万に出向させ、技術研修に参加する事を義務づけています。
これは、社員の技術の向上と均等化に不可欠の務めであると考えます。

社内においてはサービスのノウハウについての勉強会を定期的に行い、お客様のニーズに満足していただけるよう努めています。