映画「苦役列車」運転指導の様子
旭のフォークリフトが撮影に使われました!!
映画「苦役列車」リーチ運転指導の様子
RECRUIT|エントリーはこちら
わくわく通信(社内報)

毎月発行!スタッフ全員で作ってる社内報

フォークリフト豆知識

フォークリフト豆知識(社内報 裏面)

Facebook 旭フォークリフト

最新情報や雪かき王子の在庫を確認できます

メディア掲載

多くのメディアで紹介されています!!

インスタグラム@asahifork

工場の丁寧な整備の様子を載せています

youtube
動画で製品の使い方をチェックできます!
知って得するフォークリフトの豆知識
フォークリフトの豆知識など盛り沢山!!
中古フォークリフト営業マンのラーメン日記
旭の営業マンがオススメのラーメン店を紹介
フォークリフト整備士のスイーツ日記
旭の整備士がオススメのスイーツをご紹介
フォークリフト納車ブログ
フォークリフトの導入事例をご紹介
工場の様子ブログ(ピカピカの秘密大公開)
ピカピカフォークリフトの秘密大公開!
LINEスタンプ 旭フォークリフト
フォークリフトのデザインのスタンプ登場!!



旭フォークリフト株式会社

〒252-0244 
神奈川県相模原市中央区田名2931番4

TEL 042-762-4630
フリーダイヤル:0120-4949-43
FAX  042-762-4635

  • 建荷協神奈川県支部長
  • 全省庁許認可業者
  • 相模原市・災害時防災協力事業所
  • 特定自主検査業者
    (神奈川労働基準局 神第27号)

  • 古物商許可証
    神奈川県公安委員会
    第4527600001277号

修理メンテナンス

【旭フォークリフトの修理・整備・点検の特徴】他社と比べて下さい!! 必ずご満足頂けます!!

フォークリフトの急な故障で、フォークリフト業者を探しても「すぐに来てくれなかった」、そんな経験はございませんか?
旭の「月例点検 契約」なら、サービスマンが定期的にお客様の所へお伺いし、点検・故障箇所をお伝えしますので、急な故障を未然に防ぐ事ができます。
「故障時にサービス工場がわからない」 「業者が、なかなか修理に来てくれない」
などの不安を解消致します!!

興味ある方は、旭の 【フォークリフトの点検無料】をご体験下さい。
所要時間は約10分程度です。点検後、良否を点検表に記入して控えをお渡し致しますので、どこが悪いのかが一目でわかります。お見積りも無料ですので、たくさんのお客様より安心してお問合せ頂いております。

※出張場所は、神奈川県・東京都・埼玉県・その他1部地域になります。
  詳しくは、お問合せ下さい (フリーダイヤル 0120-4949-43


旭の修理・整備・点検の様子(動画あり)

ブレーキエア抜きの様子

ブレーキ エアー抜き

ブレーキオーバーホールの際に、油が飛び散るのを防ぐためにエアー抜きをします。


ブレーキオーバーホールの様子

ブレーキオーバーホール1】
年次点検(法定自主検査)の項目です。ブレーキの分解をしていきます


ブレーキオーバーホールの様子

ブレーキオーバーホール2】
年次点検(法定自主検査)のブレーキの分解が終わり、元に戻していきます。


作動油交換の様子

作動油 交換】 
各油圧機器の潤滑剤としての役割を果たしています。交換しないと油圧ポンプや油圧機器の循環性が失われ、シールが腐食します。そのまま放っておくと、油圧機器の故障につながります。



アクスルシャフト取り付けの様子

アクスルシャフト取り付け

回転軸の役割だけではなく、フォークリフトの車体とタイヤ(ホイール)をつなぐという役割も担っています。 抜いてしまうとタイヤが外れてしまうという重要なパーツです。


燃料タンク汚れ清掃の様子

燃料タンクの汚れ清掃
汚れをポンプで取り出し、タンク内を綺麗にします。



ライト調整の様子

ライト調整の様子
左右で光らない場所はヒューズが切れています。ヒューズを交換してライトがつくようにします。


ステムシール交換の様子(動画あり)

ライト調整の様子

ステムシール交換
①排気・吸入の役割をするステムシールがオイルを吸ってしまっているので交換 します。「オイルダウン」といって、古くなるとシールが固くなり、オイルが排気の方にながれてしまいます。 中のものを全て取り出して、バルブステムシールを交換します。

ステムシール交換の様子

②バルブ取り出した様子です。スプリング止めている金具を外す作業をしています。吸入と排気で全部で8個あります。吸入は大きく、排気は圧力で出すので小さいです。

ステムシール交換の様子

③バルブステムシールを外した様子です。古いステムシールがオイルを吸ってしまっている状態です。

ステムシール交換の様子

④バルブステムシール交換完了しました。こんなに綺麗になりました!! フォークリフトに戻していきます。


アクセルワイヤー調整の様子(動画あり)

アクセルワイヤー張り調整

アクセルワイヤー調整
①エンジンが吹けないためアクセルワイヤーの張り調整しています。

アクセルワイヤー張り調整

調整後にアクセルを踏んでみると、エンジンがしっかりかかりました。


ベアリング修理の様子(動画あり)

ベアリング修理の様子

ベアリング修理の様子
キングピンがあるところのベアリング修理はハンマーで叩くと壊れてしまいます。壊れやすいのでネジで丁寧にプレスしていきます。

ベアリングの交換前と交換後では、こんなに違います。

見えない箇所の部品は、知らないうちにかなり摩耗している事があります。


ウォーターポンプ水漏れ・交換の様子  

ウォーターポンプが壊れるとエンジンに水が回らなくなり、オーバーヒートしてしまいます。

【ウォーターポンプ水漏れ・交換の様子】
【ウォーターポンプ水漏れ・交換の様子】


【ウォーターポンプ水漏れ・交換の様子】
【ウォーターポンプ水漏れ・交換の様子】


【ウォーターポンプ水漏れ・交換の様子】

新しい羽を取り付けて完了です。

【ウォーターポンプ水漏れ・交換の様子】

羽はラジエターを冷やす役割を果たしています。


ギヤ入り不良、及び ぬけの為ミッションオーバーホールの様子

このようなギヤ部品を組み立てていく過程をご紹介します。こちらは完成品です。

【ギヤ入り不良、及び ぬけの為ミッションオーバーホールの実施の例(KFG20F) 】


【ギヤ入り不良、及び ぬけの為ミッションオーバーホールの実施の例(KFG20F) 】

こちらはシンクロスリーブの正常な状態です。

【ギヤ入り不良、及び ぬけの為ミッションオーバーホールの実施の例(KFG20F) 】

こちらはシンクロスリーブが摩耗しています。

【ギヤ入り不良、及び ぬけの為ミッションオーバーホールの実施の例(KFG20F) 】

左のシンクロリングは正常な状態。
右のシンクロリングは摩耗しています。

【ギヤ入り不良、及び ぬけの為ミッションオーバーホールの実施の例(KFG20F) 】

こちらはシンクロスリーブの正常な状態です。

【ギヤ入り不良、及び ぬけの為ミッションオーバーホールの実施の例(KFG20F) 】

①こちらの写真はギヤケース組み立て前です

【ギヤ入り不良、及び ぬけの為ミッションオーバーホールの実施の例(KFG20F) 】

②ギヤケースにギヤを組み付けていきます

【ギヤ入り不良、及び ぬけの為ミッションオーバーホールの実施の例(KFG20F) 】

こちらは上の画像を横から見た写真です

【ギヤ入り不良、及び ぬけの為ミッションオーバーホールの実施の例(KFG20F) 】

③ギヤケース組み立て終了。シフトケース取り付け前の様子です。 

【ギヤ入り不良、及び ぬけの為ミッションオーバーホールの実施の例(KFG20F) 】

④MT(マニュアルトランスミッション)組み立て終了。カバーを取り付けた状態です。 

【ギヤ入り不良、及び ぬけの為ミッションオーバーホールの実施の例(KFG20F) 】

⑤最後にエンジンにのせて、作業終了です。 


スチームクリーニング(フォークリフト洗車)の様子

【スチームクリーニング(フォークリフト洗車)の例 】

①お客様からお預かりしたフォークリフトが、当社の工場へ運ばれてきました。

【スチームクリーニング(フォークリフト洗車)の例 】

②水で全体を流した後、洗剤をつけてゴシゴシと細部まで丁寧に汚れを落としていきます。

【スチームクリーニング(フォークリフト洗車)の例 】

③その後、スチームで泥や汚れを丁寧に落としていきます。更に、エンジンフードを開け、エンジンルームまで全てきれいにします。
その時に油漏れがないか等も点検します。
油汚れを落とさない限りは、油漏れの発見はできません。

【スチームクリーニング(フォークリフト洗車)の例 】

④こんなに綺麗になりました!!
小さな故障も見逃さず、細部に渡ってお客様のフォークリフトの点検をさせていただいております。
小さな出費で、大きな故障による多大な修理費を未然に防ぎます